町田・相模原市に特化した地域密着で調剤薬局が運営している安心の老人ホーム紹介サービスです。「老後も引き続き、地元で暮らしたい」、「息子娘が住んでいる相模原周辺で施設を探したい」などのご依頼者様の想いに対して居宅支援相談員が最適な老人ホームをご提案します。

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

施設種類について

老健と特養と療養病床の違い
いずれも介護保険を利用して施設に入居し、高齢者(65歳以上)が介護サービスを受けることができる介護保険の「施設介護サービス」です。(認知症の入居も可能です)介護老人保健施設(老健)が要介護1以上で在宅復帰を目指しリハビリを行なう施設ですので、入居期間は原則として3~6ヶ月の期間限定になっています。特別養護老人ホーム(特養)は寝たきりなど重度の介護にも対応した生活施設で、入所期間に制限はなく終身利用が可能です。介護療養型医療施設(療養病床)は医療法人が運営していて比較的要介護度が高い方に対して、充実した医療処置とリハビリを提供している施設です。
また、老健や療養病床には常勤医師がおり、特養と比べると看護師の配置人数が多く、理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職の配置も義務付けられています。機能訓練の設備も充実しており、老健と療養病床は在宅復帰に特化した施設として位置付けられています。
特養と有料老人ホームの違い
特養は「公的施設」のため、社会福祉の観点から介護度の重い方や低所得者の保護と支援に重点を置いています。一方の有料老人ホームは「民間施設」のため、経営の観点から高齢者のニーズを満たすことに重点が置かれ、多種多様なサービスを提供しています。そのため、入居できる条件や、費用、居室やサービス内容が異なります。

お電話は「80からのよいホーム」へ TEL 0800-800-4146 24時間365日受付(フリーダイヤル)

PAGETOP